ベビーシッターの資格を取得する方法

ベビーシッターは民間資格なので、保育士と違って国家資格を取得する必要がありません。

子供が大好きで子供に携わる仕事がしたい、育児の経験を活かした仕事がしたいと思っている人なら、誰でも働くことができます。

エキサイトニュースに有効なサイトです。

誰でも働くことができますが、資格を取得する方が働くのに有利です。

ベビーシッターの資格とは、専門知識の技術を身につけ、プロとしての職業理念を学んだ人に与えられた証明書です。企業によっては、資格を取得していることが条件の企業もあるので、資格は取得している方が有利ですし賃金にも影響してきます。


資格を修得するには、認定ベビーシッターの資格を取る必要があります。

全国保育サービス協会が行っている研修を受け、認定試験を受けて合格する方法と、協会が指定している保育士の訓練学校で保育士の資格の他に、在宅保育のノウハウを習得する方法です。
試験は約90%の人が合格するのではそれほど難しくありません。

ベビーシッター関する便利な情報が満載です。

認定ベビーシッター試験を受けたいと思っている人は条件があます。年齢は満18歳以上の人。

研修?では養成研修又は、新任研修を受けて修了証を所持している人。

研修?では現任研修又は、現任研修を受けて修了証を所持している人。

居宅訪問型保育基礎研修を受けて修了証を所持している人。


ベビーシッターの実務経験をしている人が試験を受けることができますが、個人での活動やボランティア活動は実務経験にならないので注意しなければなりません。



資格を持っていれば、何歳でも働くことができます。