ベビーシッターのメリットやデメリットを知ろう!

子育てしている家庭では昼間に保育園のサービスを利用している場合があります。しかし保育園は病気をしたら保育園ではサービスを受ける事は出来ません。慢性疾患になると病児保育が利用できますが、風邪などの感染症であると利用出来ません。
そのような時に役に立つのがベビーシッターのサービスです。

ベビーシッターのサービスであれば、このような場合でも利用する事が出来ます。



急な出張や冠婚葬祭などの際にも利用可能となっています。

保育園や幼稚園に気が合わない先生がいた場には保育園を退園しなければいけません。

しかしベビーシッターの場合には派遣先の会社に変更の依頼をすれば、変更する事が出来ます。
夜間や土日祝日でも依頼する事が可能です。

しかしベビーシッターにはデメリットもあります。


ベビーシッターに保育料を支払う必要がありますが、保育園に支払う保育料よりも高い場合があります。

T-SITEをあなたに紹介致します。

しかもシッターの交通費は保育料とは別に支払う必要があります。土日祝日や夜間にサービスを依頼した場合には保育園の保育料の倍近いお金を支払う必要があります。


そのため土日祝日や夜間にサービスを依頼した時には予算を考えておく必要があります。

万が一シッターが自宅の備品を破損してしまう可能性もあります。

そのような場合に備えて損害賠償保険に加入しているかどうかも確認する必要があります。事前に保険に加入しているかどうかをインターネットの公式サイトで確認しておく必要があります。